黄色信号で交差点を通過

道路通行する際、自動車は前方の信号機の表示に従います。では、黄色信号で交差点を通行してよいのでしょうか。答えは、「状況による」です。黄色の灯火では、基本的には、停止位置から先へ進んではいけません。つまり停止です。しかし、通行できる場合があるのです。それは、信号が黄色に変わったときに近づいて、安全に停止することができない場合です。サッカー03安全に停止できない場合とは2つあります。1、急停止することにより、後続車から追突されるおそれがあるとき。2、急停止しても交差点の中で、ほかの車の針路を妨害するおそれがあるとき。これらのケースでは、信号が黄色でも交差点を通行することができます。また、黄色の灯火の点滅は車や歩行者は、ほかの交通に注意して進むことができます。これは、決して、徐行や一時停止ではありません。上記の内容は、実は運転免許の筆記試験でもよく問われる内容です。
これらのような場合なら通行できますが、歩行者やほかの車がいないからといって、信号が黄色でも無理やり通行してはいけません。ちょっとした油断や気持ちの緩みが大きな事故につながります。交通ルールを守る。これは当たり前のことです。ですが、当たり前のことを当たり前にできる人は意外と多くありません。ルールを遵守し、事故のない社会を目指しましょう。

コメントは受け付けていません。