ライトが運転中に切れてた

自動車を公道で走行させるためには、数々のチェックポイントというものがあり、常に点検作業を行って、安全運転を行うことが求められています。勿論運転技術というものも必要とされており、常に法律に従って運転することが必要になります。そんな中、自動車には各種ライトが設置されているもので、夜間には点灯させることが必要とされています。運転前には事前点検として各種機器類の点検を行うことが求められているものですが、運転中に前照灯などが球切れを起こしてしまうこともあります。運転前に認知している場合では、日中に交換作業を行うことが可能になりますが、夜間に運転中に球切れが発生してしまった場合では、即座に対応することが困難になります。交通違反として厳密に言うならば、整備不良に相当してしまうために、違反切符を切られてしまう可能性もありますが、実際には片方だけの球切れの場合では、注意で済まされることが多い傾向にあります。これはやむ終えない内容として認知されているもので、対策としては施しようが無いことが現実としてあるために、注意を受けた場合では、できるだけ早い段階で前照灯を交換することが求められています。夜間の場合ではカー用品店なども閉店しているものなので、翌日に対処することが一般的になります。

コメントは受け付けていません。