妊婦がシートベルトをしない

道路交通法では、車に乗車する際はシートベルトの着用を義務付けられています。
ただし、着用する事によって体に害があるなど、どうしてもある一定のやむを得ない理由がある場合は着用を除外されています。
それでは、妊婦の場合はどうなのか。
実は妊婦もベルトを着用すると腹部が圧迫されて、胎児に悪影響を及ぼす可能性があると言った点から、「妊娠中であることによって、ベルトを装着する事が健康保持上適当でない者」は着用を除外される場合があります。
では、妊婦がベルトを着用しない事は本当に良い事なのかというと疑問が残ります。
もしも交通事故にあった場合にベルトを着用していないと、ダッシュボードに体を打ちつけたり、衝突の衝撃で社外に体を放り出されてしまい、その結果母体も胎児も両方に悪影響を与えてしまいます。
「ベルト着用により、ブレーキ時や事故の際に腹部を強い力で圧迫してしまうと流産になってしまう可能性がある」といった見方もありますが、想像以上に事故の際はベルトを着用していない事によって大惨事になりかねません。
なので妊婦も、腰ベルトは大きくなったお腹を避けて低い位置に、肩ベルトもお腹を避けて肩から胸の真ん中に通して腹部を圧迫しないようにベルトを着用すると、ベルトによる圧迫も事故による被害も最小限に抑える事が出来ます。

コメントは受け付けていません。